6 senior priests / why?

User avatar
Minobu
Posts: 3229
Joined: Mon Aug 15, 2016 6:57 pm

Re: 6 senior priests / why?

Post by Minobu »

Queequeg wrote: Thu Sep 10, 2020 4:03 pm This is about the ceremony in the air! The point is that its ungrounded!

Wash. Rinse. Repeat. :toilet:
arghhh ungrounded ? i really need to hang out more in the TenDai section...but i ask stuff and no one answers...

the other thing that became obvious to me over there ..
unlike other sections it is more of a personal study experience with your teachers...outside of this DW..

it's like no one posts study material nor do they discuss stuff...you know stuff amongst yourselves , and it is more like a friendly hello how ya doin thing...

my take anyway...

but i need to get a basic book that would teach me
ungrounded...
i can only imagine your book shelf at home...

cheers mate
d
User avatar
Queequeg
Global Moderator
Posts: 11028
Joined: Tue Jul 03, 2012 3:24 pm

Re: 6 senior priests / why?

Post by Queequeg »

We need a sarcasm font.

It was a joke, or sorts. The point about the ceremony in the air is that its not conditioned - that's part of the whole Buddhas of the 10 directions on the ground - they are the conditioned appearances of Buddha, appearing in response to the needs of the beings of the various worlds. In the Lotus, the Buddha explains, I am now going to transmit the Saddharma, the ultimate teaching, which is absolute and unconditioned - enlightenment itself. Its not connected to anything you think is reality. To understand this imagery and these references, you need a solid grounding in Mahayana teachings generally. The Lotus, as I mentioned somewhere around here a few days ago, is conveying teachings at a different level - its the Buddha-eye-view of the world. The Buddha's awakening is described in terms of unconditioned, pure, etc. etc. You need to know this stuff to understand the mythological imagery invoked in the narrative.

That's all I'll say about that right now. My views on most of this sectarian stuff is already floating around in the ether. There's years of stuff I can be convicted and shot for in these archives.

As for the crickets in other forums... as Brother Malcolm (not our Malcolm) said, "The revolution will not be televised." Updated, we could say, "The flowering of Buddhahood will not be tweeted." Crickets sound nice.
Those who, even with distracted minds,
Entered a stupa compound
And chanted but once, “Namo Buddhaya!”
Have certainly attained the path of the buddhas.

-Lotus Sutra, Expedient Means Chapter

There are beings with little dust in their eyes who are falling away because they do not hear the Dhamma. There will be those who will understand the Dhamma.
-Ayacana Sutta
User avatar
Shotenzenjin
Posts: 245
Joined: Tue Jun 16, 2020 11:23 pm

Re: 6 senior priests / why?

Post by Shotenzenjin »

Minobu wrote: Thu Sep 10, 2020 3:34 pm
_johnarundel_ wrote: Thu Sep 10, 2020 3:31 pm
Minobu wrote: Thu Sep 10, 2020 2:45 pm
hear that

that woooshing sound

it's the sound of motivated sarcasm going over your head..
For some of us this sort of fanatical response you and others in the past constantly input has over time become hilarious.

It's the only way one can cope with the abuse it produces towards our belief .

Loppan Malcolm is the most respected Buddhist translator on the planet.

I know of no one who knows like everything about Buddhism...

so for you to make this puriel attempt towards his person warrants sarcasm
If I was sarcastic I was only joking in good fun
what are you talking about now

please...
What are you talking about? You bring in so many desperate and unrelated issues in most of your posts it hard to keep up with them.

Your obsessive over Nichiren shoshu

seems that energy could be better used in other things.

If your going to talk about Nichiren shoshu expect it's members to reply and for its members to state what we believe. It's only natural

Sheesh
Generation's shall pass, our determination shall grow, at the foot of Mount Fuji
Like smoke that reaches far beyond the clouds.--nichimoku shonin. Third high priest of Nichiren Shoshu

Hokekko of true Buddhism https://nstny.org

Introduction to Nichiren Shoshu Buddhism
https://www.google.com/url?sa=t&source= ... VKyEQ_cxK9
User avatar
_johnarundel_
Posts: 156
Joined: Wed May 27, 2020 8:00 pm

Re: 6 senior priests / why?

Post by _johnarundel_ »

It seems like we have all gotten off-topic. As things are getting somewhat heated, it might be a good idea to return to the topic of the 6 senior priests.
"The five characters of Myoho-Renge-Kyo are the core of the Lotus Sutra and the origin of all Buddhas throughout the entire world. Upon seeing the signs that these five characters now must be propagated, I, Nichiren, have set the precedent, today, at the beginning of the Latter Day of the Law."

- Nichiren Daishonin, “Shuju onfurumai-gosho” 種種御振舞御書


https://www.nichirenshoshu.or.jp/eng/daishonin.html
Shoho
Posts: 44
Joined: Thu Aug 06, 2020 2:06 am

Re: 6 senior priests / why?

Post by Shoho »

Minobu wrote: Thu Sep 10, 2020 2:45 pm
_johnarundel_ wrote: Thu Sep 10, 2020 1:41 am
Minobu wrote: Wed Sep 09, 2020 11:12 pm

An amazing feat of debate brought to you by Nichiren shoshu
Much appreciated Minobu
hear that

that woooshing sound

it's the sound of motivated sarcasm going over your head..
For some of us this sort of fanatical response you and others in the past constantly input has over time become hilarious.

It's the only way one can cope with the abuse it produces towards our belief .

Loppan Malcolm is the most respected Buddhist translator on the planet.

I know of no one who knows like everything about Buddhism...

so for you to make this puriel attempt towards his person warrants sarcasm
I ask you-
How would you know if someone is a competent translator?
Can you read the languages this person translates from to what I would guess to be English?
Gassho
‘Do you really know what you know you know?’
Daevid Allen-Gong
Shoho
Posts: 44
Joined: Thu Aug 06, 2020 2:06 am

Re: 6 senior priests / why?

Post by Shoho »

I ask you-
How would you know if someone is a competent translator?
Can you read the languages this person translates from to what I would guess to be English?
Gassho
[/quote]

Have him/her translate this for you:


Kanjin Honzon Sho
如来滅後五五百歳始観心本尊抄 文永一〇年四月二五日 五二歳 本朝沙門 日蓮撰
ま か し かん
摩訶止観第五に云はく、 それ じっぽうかい ぐ
「夫一心に十法界を具す。一法界に又十法界を具すれば百法界なり。一界に三十種の

世間と如是と一な 世間を具すれば百法界に即ち三千種の世間を具す。り。開合の異なり。 此の三千、一念の心に在
もなやけに ゆえ り。若し心無くんば已みなん。介爾も心有れば即ち三千を具す。乃至所以に称して
或本に云はく「一界に三 不可思議 境 と為す 意 此に在り」等云云。種の世間を具す」と。
いわ げん ぎ みょうもく みょうらく
問うて曰く、玄義に一念三千の 名 目を明かすや。答へて曰く、 妙 楽云はく「明かさ もん ぐ
ず」と。問うて曰く、文句に一念三千の名目を明かすや。答へて曰く、妙楽云はく「明 しゃく い かん いま
かさず」と。問うて曰く、其の妙楽の 釈 如何。答へて曰く、「並びに未だ一念三千と
云はず」等云云。問うて曰く、止観の一二三四等に一念三千の名目を明かすや。答へて これ まさ かんぽう
曰く、之無し、問うて曰く、其の証如何。答へて曰く、妙楽云はく「故に止観の正しく観法 もっ な
を明かすに至って並びに三千を以て指南と為す」等云云。疑って云はく、玄義の第二に く ほっかい いちにゅう
云はく「又一法界に九法界を具すれば百法界に千如是」等云云。文句第一に云はく「一入 おのおの これ かんのんげん
に十法界を具すれば一界又十界なり、十界 各 十如是あれば即ち是一千」等云云。観音玄 みょうぶく
に云はく「十法界交互なれば即ち百法界有り、千種の性相、 冥 伏して心に在り、現前 いえど
せずと 雖 も宛然として具足す」等云云。問うて曰はく、止観の前の四に一念三千の名目
を明かすや。答へて曰く、妙楽云はく「明かさず」と。問うて曰はく、其の釈如何。答 しょうかん いま また へじ
ふ、弘決第五に云はく「若し 正 観に望めば全く未だ行を論ぜず。亦二十五法に歴て事 げ まさ よ しょうしゅう た こ
に約して解を生ず、方に能く 正 修 の方便と為すに堪へたり、是の故に前の六をば皆解 まさ
に属す」等云云。又云はく「故に止観の正しく観法を明かすに至って、並びに三千を以 すなわ これしゅう ぐ く きょう ごくせつ
て指南と為す、 乃 ち是 終 窮究 竟 の極説なり。故に序の中に、説己心中所行法門と云 まこと ゆえ こ たず いえんな
ふ、 良 に以有るなり。請ふ、尋ね読まん者心に異縁無かれ」等云云。 それ ぐ ほう げんもん
夫智者の弘法三十年。二十九年の間は玄文等の諸義を説いて、五時・八教・百界・千 さき てんじく
如を明かし、前五百余年の間の諸非を責め、並びに天竺の論師の未だ述べざるを顕はす。 だいろんなお あら しんだん わずら
章安大師云はく「天竺の大論尚其の類に非ず、震旦の人師何ぞ 労 はしく語るに及ばん。 こよう ほっそう しか
此誇耀に非ず法相の然らしむるのみ」等云云。墓無いかな天台の末学等、華厳・真言の ぬすびと かえ しょうあん か
元祖の盗人に一念三千の重宝を盗み取られて還って彼等が門家と成りぬ。 章 安大師兼 なげ こ ことば も お
ねて此の事を知って歎いて言はく「斯の 言 若し墜ちなば将来悲しむべし」云云。 う
問うて曰く、百界千如と一念三千と差別如何。答へて曰く、百界千如は有情界に限り、 わた
一念三千は情非情に亘る。不審して云はく、非情に十如是亘らば草木に心有って有情の なんしんなん げ
如く成仏を為すべきや如何。答へて曰く、此の事難信難解なり。天台の難信難解に二有 きょうもん かんもん そ
り、一には 教 門の難信難解、二には観門の難信難解なり。其の教門の難信難解とは、
ふ か し ぎ きょう な こころここ
-1-

しょせつ にぜん にじょう せんだい
一仏の所説に於て爾前の諸経には、二 乗 ・闡提は未来に永く成仏せず、教主釈尊は始 しょうがく やぶ
めて 正 覚を成ず、法華経迹本二門に来至して彼の二説を壊る、一仏二言水火なり、誰 これ
人か之を信ぜん。此は教門の難信難解なり。観門の難信難解とは百界千如一念三千にし しきしん これ しか もく え
て、非情の上の色心の二法の十如是是なり。爾りと雖も木画の二像に於ては、外典内典
共に之を許して本尊と為す、其の義に於ては天台一家より出でたれども、草木の上に色 たの たてまつ むやく
心の因果を置かずんば、木画の像を本尊に恃み 奉 ること無益なり。疑って云はく、草 いず
木国土の上の十如是の因果の二法は何れの文に出でたるや。答へて曰く、止観第五に云 また いわゆる しゃくせん
はく「国土世間亦十種の法を具す。所以悪国土、相・性・体・力」等云云。 釈 籤第六に ただしき ただしん ぎ しきしん
云はく「相は唯色に在り、性は唯心に在り、体・力・作・縁は義色心を兼ね、因果は唯 こんぺいろん すなわ これ りゃく じん おのおの
心、報は唯色に在り」等云云。金錍論に云はく「 乃 ち是一草・一木・一 礫 ・一塵・ 各 えんりょう
一仏性・各一因果あり縁 了 を具足す」等云云。 しゅっしょすで
問うて曰く、 出 処既に之を聞く、観心の心如何。答へて曰く、観心とは我が己心を たと ろっこん じ めん
観じて十法界を見る、是を観心と云ふなり。譬へば他人の六根を見ると雖も、未だ自面 じ ぐ みょうきょう
の六根を見ざれば自具の六根を知らず、 明 鏡 に向かふの時始めて自具の六根を見るが たと ろくどう の
如し。設ひ諸経の中に所々に六道並びに四聖を載すと雖も、法華経並びに天台大師所述
の摩訶止観等の明鏡を見ざれば自具の十界・百界千如・一念三千を知らざるなり。 いず い かん
問うて曰く、法華経は何れの文ぞ、天台の釈は如何。答へて曰く、法華経第一方便品 ほっ
に云はく「衆生をして仏知見を開かしめんと欲す」等云云。是は九界所具の仏界なり。 このかたはなは おお
寿量品に云はく「是くの如く我成仏してより已来 甚 だ大いに久遠なり、寿命、無量阿 もと なお
僧劫、常住にして滅せず、諸の善男子、我本菩薩の道を行じて成ぜし所の寿命今猶未 つ またかみ
だ尽きず、復上の数に倍せり」等云云。此の経文は仏界所具の九界なり。経に云はく だい ば だっ た てんのうにょらい らん ば
「提婆逹多、乃至天王如来」等云云。地獄界所具の仏界なり。経に云はく「一を藍婆と なんだちただ よ みな はか
名づけ、乃至汝等但能く法華の名を護持する者は福量るべからず」等云云。是餓鬼界所 これ
具の十界なり。経に云はく「竜女、乃至成等正覚」等云云。此畜生界所具の十界なり。 ば じ あしゅらおう あのくた らさんみゃくさんぼだい
経に云はく「婆稚阿修羅王、乃至一偈一句を聞いて、阿耨多羅三 藐 三菩提を得べし」 ほとけ すで
等云云。修羅界所具の十界なり。経に云はく「若し人 仏 の為の故に、乃至皆已に仏道を これ
成ず」等云云。此人界所具の十界なり。経に云はく「大梵天王、乃至我等も亦是くの如 まさ さぶつ う
く、必ず当に作仏することを得べし」等云云。此天界所具の十界なり。経に云はく「舎 け こう えんがく
利弗、乃至華光如来」等云云。此声聞界所具の十界なり。経に云はく「其の縁覚を求む きょうしん
る者・比丘・比丘尼、乃至合掌し 敬 心を以て具足の道を聞かんと欲す」等云云。此即ち しんじょうだいほう
縁覚界所具の十界なり。経に云はく「地涌千界、乃至真 浄 大法」等云云。此即ち菩薩界 わくせっ こ しんわくせっ た しん
所具の十界なり。経に云はく「或説己身或説他身」等云云。即ち仏界所具の十界なり。 これ ひ し い かん
問うて曰く、自他面の六根は共に之を見る、彼此の十界に於ては未だ之を見ず、如何
が之を信ぜん。答へて曰く、法華経法師品に云はく「難信難解」と。宝塔品に云はく ろくなん く い ことごと
「六難九易」等云云。天台大師云はく「二門 悉 く昔と反すれば難信難解なり」と。章
-2-

もっ な やす う
安大師云はく「仏此を将て大事と為す、何ぞ解し易きことを得べけんや」等云云。伝教 こ それ しょう き
大師云はく「此の法華経は最も為れ難信難解なり、随自意の故に」等云云。夫在世の正機 もんじゅ みろく これ
は過去の宿習厚き上、教主釈尊・多宝仏・十方分身の諸仏、地涌千界・文殊・弥勒等之 かんぎょう なお これ いわ
を扶けて諫 暁 せしむるに猶信ぜざる者之有り、五千席を去り人天移さる、況んや正像 いか あら
をや、何に況んや末法の初めをや。汝之を信ぜば正法に非じ。
げ しゃく ぎ もう もっ
問うて曰く、経文並びに天台・章安等の解 釈 は疑網なし、但し火を以て水と云ひ墨 いえど しばしば ただ
を以て白しと云ふ、設ひ仏説たりと 雖 も信を取り難し。今 数 他面を見るに但人界に またまた い かん しばしば
限って余界を見ず、自面も亦復是くの如し。如何が信心を立てんや。答ふ、 数 他面を いか たい むさぼ おろ
見るに、或時は喜び、或時は瞋り、或時は平らかに、或時は 貪 り現じ、或時は癡か現 てんごく
じ、或時は諂曲なり。瞋るは地獄、貧るは餓鬼、癡かは畜生、諂曲なるは修羅、喜ぶは みょうぶく
天、平らかなるは人なり。他面の色法に於ては六道共に之有り、四聖は 冥 伏して現は い さい たず
れざれども委細に之を尋ぬれば之有るべし。
ほぼ そなに
問うて曰く、六道に於て分明ならずと雖も、粗之を聞くに之を備ふるに似たり。四聖 まった さき これ し
は 全 く見えざるは如何。答へて曰く、前には人界の六道之を疑ふ、然りと雖も強ひて そう じ ことば い しか こころ てん か
之を言って相似の 言 を出だせしなり、四聖も又爾るべきか。 試 みに道理を添加して万 これ いわゆる あに むこ
が一之を宣べん。所以世間の無常は眼前に有り、豈人界に二乗界無からんや。無顧の悪 なおじあい ただがた
人も猶妻子を慈愛す、菩薩界の一分なり。但仏界計り現じ難し、九界を具するを以て強 ぎ わく なか
ひて之を信じ、疑惑せしむること勿れ。法華経の文に人界を説いて云はく「衆生をして ぶっ ち けん にくげん
仏知見を開かしめんと欲す」と。涅槃経に云はく「大乗を学する者は肉眼有りと雖も名 ぶつげん な しゅっしょう ぐ そく
づけて仏眼と為す」等云云。末代の凡夫 出 生 して法華経を信ずるは人界に仏界を具足 する故なり。
しか れっしん
問うて曰く、十界互具の仏語分明なり。然りと雖も我等が劣心に仏法界を具すること いっせんだい お
信を取り難き者なり。今の時之を信ぜずば必ず一闡提と成らん。願はくは大慈悲を起こ あび くご なんじすで ゆいいちだいじいんねん
して之を信ぜしめ阿鼻の苦を救護したまへ。答へて曰く、 汝 既に唯一大事因縁の経文 けんもん し え り そく
を見聞して之を信ぜざれば、釈尊より已下の四依の菩薩並びに末代理即の我等、如何が くご いえど あ さと
汝が不信を救護せんや。然りと 雖 も試みに之を言はん、仏に値ひたてまつりて覚らざ あ なん
る者、阿難等の辺にして得道する者之有ればなり。其れ機に二有り。一には仏を見たて
まつりて法華にして得道す、二には仏を見たてまつらざれども法華にて得道するなり。 い ぜん がっ し し い だ もっ な しょうけん
其の上仏教已前は漢土の道士・月支の外道は、儒教・四韋陀等を以て縁と為して 正 見 り こん
に入る者之有り。又利根の菩薩凡夫等の、華厳・方等・般若等の諸大乗経を聞きし縁を けん じ た た どっかく ひ け らくよう きょう げ
以て大通久遠の下種を顕示する者多々なり。例せば独覚の飛花落葉の如し、 教 外の得 しゅうじゃく たと
道是なり。過去の下種結縁無き者の権小に 執 着 する者は、設ひ法華経に値ひ奉れども す かえ
小権の見を出でず。自見を以て正義と為るが故に、還って法華経を以て或は小乗経に同 けんせい おと
じ、或は華厳・大日経等に同じ、或は之を下す。此等の諸師は儒家・外道の賢聖より劣 しばら これ せきちゅう もくちゅう
れる者なり。此等は 且 く之を置く。十界互具之を立つるは石 中 の火、木 中 の花、信
-3-

がた
じ難けれども縁に値ひて出生すれば之を信ず。人界所具の仏界は水中の火、火中の水、 はなは りゅう か りゅうすい
最も 甚 だ信じ難し。然りと雖も 竜 火は水より出で 竜 水は火より生ず、心得られざれ ぎょうしゅん
ども現証有れば之を用ゆ。既に人界の八界之を信ず、仏界何ぞ之を用ひざらん。 尭 舜 へん ぱ しょけん
等の聖人の如きは万民に於て偏頗無し、人界の仏界の一分なり。不軽菩薩は所見の人に しっ た たい し
於て仏身を見る、悉逹太子は人界より仏身を成ず、此等の現証を以て之を信ずべきなり。
さんなく い だん
此より堅固
問うて曰く、教主釈尊はに之を秘す 三惑已断の仏なり、又十方世界の国主・一切の菩薩
みゆき はべ しりえ したが
・二乗・人天等の主君なり。 行 の時は梵天左に在り帝釈右に侍り、四衆八部 後 に 聳 さき とくだつ ぶっ だ
ひ金剛前に導き、八万法蔵を演説して一切衆生を得脱せしむ。是くの如き仏陀何を以て こ しん こころ し じょう
我等凡夫の己心に住せしめんや。又迹門爾前の 意 を以て之を論ずれば、教主釈尊は始 成 いんぎょう のう せ じゅどう し び
正覚の仏なり。過去の因 行 を尋ね求むれば、或は能施太子、或は儒童菩薩、或は尸毘 さっ た さん ぎ ひゃくこう どう ゆ じんこう しょほっしん じ
王、或は薩埵王子、或は三百 劫、或は動踰塵劫、或は無量阿僧劫、或は初発心時、 或は三千塵点等の間、七万五千・六千・七千等の仏を供養し、劫を積み行満じて今の教 主釈尊と成りたまふ。是くの如き因位の諸行は皆我等が己心所具の菩薩界の功徳か。果
じ げん
位を以て之を論ずれば教主釈尊は始成正覚の仏、四十余年の間四教の色身を示現し、爾 いわゆる る
前・迹門・涅槃経等を演説して一切衆生を利益したまふ。所謂華蔵の時、十方台上の盧 しゃ な だんけつじょうどう
舎那、阿含経の三十四心、断結 成 道の仏、方等・般若の千仏等、大日・金剛頂等の千 し ど しきしん じょうろく
二百余尊、並びに迹門宝塔品の四土色身、涅槃経の或は 丈 六と見る、或は小身大身と こ くう しゃ り
現じ、或は盧舎那と見る、或は身虚空に同じと見る。四種の身、乃至、八十御入滅には舎利 とど い ぜん
を留めて正像末を利益したまふ。本門を以て之を疑はヾ、教主釈尊は五百塵点已前の仏 そ このかた じんじゅ
なり、因位も又是くの如し。其れより已来十方世界に分身し、一代聖教を演説して塵数 きょう け ひ きょう いってい いちじん
の衆生を 教 化したまふ。本門の所化を以て迹門の所化に比 校 すれば、一渧と大海と一塵 たいこう こうえん
と大山となり。本門の一菩薩を迹門の十方世界の文殊・観音等に対向すれば、猴猿を以 なお だんなくしょう か
て帝釈に比するに尚及ばず。其の外十方世界の断惑 証 果の二乗並びに梵天・帝釈・日
月・四天・四輪王、乃至無間大城の大火炎等、此等は皆我が一念の十界か、己心の三千 いえど これ
か、仏説たりと 雖 も之を信ずべからず。
く きょう
此を以て之を思ふに、爾前の諸経は実事なり実語なり。華厳経に云はく「究 竟 して こもう ぜんな こくう きわ しょう
虚妄を離れ染無きこと虚空の如し」と。仁王経に云はく「源を窮め 性 を尽くして妙智 しょうじょう め みょう き しん
存せり」と。金剛般若経に云はく「 清 浄 の善のみ有り」と。馬 鳴 菩薩の起信論に云 ゆいしき
はく「如来蔵の中に清浄の功徳のみ有り」と。天親菩薩の唯識論に云はく「謂はく、余 う ろ む ろ こんごう ゆ じょう げんざいぜん ごくえんみょう じゅんじょう
の有漏と劣の無漏と種は、金剛喩 定 が現在前する時、極円 明 の 純 浄 の本識を引く。 え あら き しゃ きょうりょう
彼の依に非ざるが故に皆永く棄捨す」等云云。爾前の経々と法華経と之を 校 量 するに すで
彼の経々は無数なり時説既に長し、一仏の二言ならば彼に付くべし。馬鳴菩薩は付法蔵 しえ へんぴ
の第十一、仏記に之有り。天親は千部の論師、四依の大士なり。天台大師は辺鄙の小僧 にして一論をも宣べず、誰か之を信ぜん。其の上多を捨て小に付くとも法華経の文分明
-4-

じこ いず
ならば少し恃怙有らんも、法華経の文に何れの所にか十界互具・百界千如・一念三千の これ
分明なる証文之有りや。随って経文を開拓するに「諸法の中の悪を断じたまへり」等云 てんじん けん ね ほうしょう これ
云。天親菩薩の法華論にも、堅慧菩薩の宝 性 論にも十界互具之無く、漢土南北の諸大 びゃっけん みょうでん
人師・日本七寺の末師の中にも此の義無し。但天台一人の 僻 見なり、伝教一人の 謬 伝 しょうりょう あやま え おん
なり。故に 清 涼 国師の云はく「天台の 謬 りなり」と。慧苑法師の云はく「然るに天 な みょうらん りょうこう ひと
台は小乗を呼んで三蔵教と為し其の名 謬 濫するを以て」等云云。 了 洪が云はく「天台独 いま とくいち つたな これ
り未だ華厳の意を尽くさず」等云云。得一が云はく「 咄 いかな智公、汝は是誰が弟子ぞ。 ぜっこん ふ めんぜつ しんだん
三寸に足らざる舌根を以て覆面舌の所説の教時を謗ず」等云云。弘法大師の云はく「震旦 あらそ だい ご おのおの それ
の人師等 諍 って醍醐を盗んで 各 自宗に名づく」等云云。夫一念三千の法門は一代の権 みょうもく けず の にちいき いかん
実に 名 目を削り、四依の諸論師其の義を載せず、漢土日域の人師も之を用ひず。如何 が之を信ぜん。
はなは お
答へて曰く、此の難最も甚だし最も甚だし、但し諸経と法華との相違は経文より事起 み けん い けん しょうみょう ぜっそう し じょう く じょう
こりて分明なり。未顕と已顕と、 証 明 と舌相と、二乗の成不と、始 成 と久 成 等之を ないがんれいねん よろ
顕はす。諸論師の事、天台大師云はく「天親・竜樹、内鑑冷然たり、外には時の宜しき かな おのおの よ ひとえ いや つい しせき おこ
に適ひ 各 権に拠る所あり。而るに人師 偏 に解し、学者苟しくも執し、遂に矢石を興 そむ なお
し各一辺を保ちて大いに聖道に乖けり」等云云。章安大師云はく「天竺の大論すら尚其 たぐい しんだん わずら こよう ほっそう しか
の 類 に非ず、真旦の人師何ぞ 労 はしく語るに及ばん、此誇耀に非ず法相の然らしむる いま
のみ」等云云。天親・竜樹・馬鳴・堅慧等は内鑑冷然なり。然りと雖も時未だ至らざる い ぜん たま
が故に之を宣べざるか。人師に於ては天台已前は或は珠を含み或は一向に之を知らず。 い ご き ぶく
已後の人師は或は初めに之を破して後に帰伏する人有り、或は一向に用ひざる者も之有 え
り。但し「諸法の中の悪を断じたまへり」の経文を会すべきなり。彼は法華経に爾前を ゆ これ いわゆる
載せたる経文なり。往いて之を見るに、経文分明に十界互具之を説く。所謂「衆生をし う
て仏知見を開かしめんと欲す」等云云。天台此の経文を承けて云はく「若し衆生に仏の な まさ うんざい
知見無くんば何ぞ開を論ずる所あらん。当に知るべし、仏の知見衆生に蘊在することを」
云云。章安大師の云はく「衆生に若し仏の知見無くんば何ぞ開悟する所あらん。若し貧 くら
女に蔵無くんば何ぞ示す所あらんや」等云云。
え しゃ え
但し会し難き所は上の教主釈尊等の大難なり。此の事を仏遮会して云はく「已今当説、 つぎしも ことごと
最為難信難解」と。次下の六難九易是なり。天台大師云はく「二門 悉 く昔と反すれば ほこさき もっ
信じ難く解し難し。 鋒 に当たるの難事なり」と。章安大師の云はく「仏此を将て大事 なう
と為す、何ぞ解し易きことを得べけんや」と。伝教大師云はく「此の法華経は最もこれ それ
難信難解なり、随自意の故に」等云云。夫仏より滅後一千八百余年に至るまで、三国に きょうりゃく ただ がっ し しんだん
経 歴 して但三人のみ有りて始めて此の正法を覚知せり。所謂月支の釈尊、真旦の智者
大師、日域の伝教此の三人は内典の聖人なり。問うて曰く、竜樹・天親等は如何。答へ これ
て曰く、此等の聖人は知って之を言はざる仁なり。或は迹門の一分之を宣べて本門と観 心とを云はず、或は機有って時無きか、或は機と時と共に之無きか。天台・伝教已後は
-5-

か じょう なんさんほくしち
之を知る者多々なり、二聖の智を用ゆるが故なり。所謂三論の嘉 祥 、南三北七の百余 ほうぞう しょうりょう げんじょうさんぞう じ おん ぜん む い
人、華厳宗の法蔵・ 清 涼 等、法相宗の玄 奘 三蔵・慈恩大師等、真言宗の善無畏三蔵 こんごう ち ふ くう どうせん き ぶく
・金剛智三蔵・不空三蔵等、律宗の道宣等初めには反逆を存し、後には一向に帰伏せし なり。
しゃ たと ぶにん あら
但し初めの大難を遮せば、無量義経に云はく「譬へば国王と夫人と新たに王子を生ぜ も
ん。若しは一日若しは二日若しは七日に至り、若しは一月若しは二月若しは七月に至り、 また りょうり あた すで
若しは一歳若しは二歳若しは七歳に至り、復国事を 領 理すること能はずと雖も、已に そうきょう もっ せ ひとえ
臣民に宗 敬 せられ諸の大王の子を以て伴侶と為ん。王及び夫人の愛心 偏 に重くして常 く とも ゆえんいかんちしょう こ
に与みし共に語らん。所以は 何 、稚 小 なるを以ての故にといはんが如く、善男子是の またまた みこ
持経者も亦復是くの如し。諸仏の国王と是の経の夫人と和合して共に是の菩薩の子を生 も
ず、若し菩薩是の経を聞くことを得て、若しは一句若しは一偈、若しは一転若しは二転、 ごう が しゃ ごく
若しは十若しは百、若しは千若しは万、若しは億万恒河沙無量無数転せば、復真理の極 あた すで たっと あお
を体すること能はずと雖も、乃至已に一切の四衆八部に 宗 み仰がれ、諸の大菩薩を以 せ ひとえ おお しんがく
て眷属と為ん、乃至常に諸仏に護念せられ慈愛 偏 に覆はれん。新学なるを以ての故に」 げんもく
等云云。普賢経に云はく「此の大乗経典は諸仏の宝蔵十方三世の諸仏の眼目なり、乃至 もろもろ たね ぶっしゅ
三世の 諸 の如来を出生する種なり、乃至汝大乗を行じて仏種を断ぜざれ」等云云。又 まなこ これよごげん う
云はく「此の方等経は是諸仏の 眼 なり、諸仏是に因って五眼を具することを得、仏の これ ねはんかい いん よ
三種の身は方等より生ず、是大法印にして涅槃海に印す。此くの如き海中能く三種の仏 にんでん ふくでん それおもんみ
の清浄の身を生ず、此の三種の身は人天の福田なり」等云云。夫 以 れば、釈迦如来の ゆ かんが
一代、顕密・大小の二教、華厳・真言等の諸宗の依経、往いて之を 勘 ふるに、或は十 だいよう び る しゃ な だいしゅううんじゅう ぜんじょう じ げん
方台葉の毘盧遮那仏、大 集 雲 集 の諸仏如来、般若染 浄 の千仏示現、大日・金剛頂等 ごんいんごん か おん そくしつとんじょうこれ
の千二百尊、但其の近因近果を演説して其の遠の因果を顕はさず、速疾頓 成 之を説け おん け もうしつ し じゅう これ
ども三・五の遠化を亡失し、化導の始終跡を削りて見えず。華厳経・大日経等は一往之 し ぞう
を見るに別円四蔵等に似たれども、再往之を勘ふれば蔵通二教に同じて未だ別円にも及 ほん ぬ これ しか
ばず。本有の三因之無し、何を以てか仏の種子を定めん。而るに新訳の訳者等漢土に来
入するの日、天台の一念三千の法門を見聞して、或は自らの所持の経々に添加し、或は てんじく これ
天竺より受持するの由之を称す。天台の学者等或は自宗に同ずるを悦び、或は遠きを貴 あなず く ましん ぐしん
びて近きを 蔑 り、或は旧を捨てヽ新を取り、魔心・愚心出来す。然りと雖も詮ずる所 う じょう もく え う みょう む じつ
は一念三千の仏種に非ざれば、有 情 の成仏・木画二像の本尊は有 名 無実なり。 かみ いま え つう
問うて曰く、上の大難未だ其の会通を聞かず如何。答へて曰く、無量義経に云はく「未 ろくはらみつ じねん ざいぜん
だ六波羅蜜を修行する事を得ずと雖も六波羅蜜自然に在前す」等云云。法華経に云はく ほっ さ
「具足の道を聞かんと欲す」等云云。涅槃経に云はく「薩とは具足に名づく」等云云。竜 む え む とく さ やく
樹菩薩の云はく「薩とは六なり」等云云。無依無得大乗四論玄義記に云はく「沙とは訳 こ きちぞう しょ
して六と云ふ、胡の法には六を以て具足の義と為すなり」と。吉蔵の疏に云はく「沙と ほん ぼん ご
は翻じて具足と為す」と。天台大師の云はく「薩とは梵語なり此には妙と翻ず」等云云。
-6-

え つう けが しか
私に会通を加へば本文を黷すが如し、爾りと雖も文の心は、釈尊の因行果徳の二法は妙 じ ねん
法蓮華経の五字に具足す。我等此の五字を受持すれば自然に彼の因果の功徳を譲り与へ りょうげ むじょうほうじゅ ふ ぐ じとく
たまふ。四大声聞の 領 解に云はく「無 上 宝聚、不求自得」云云。我等が己心の声聞界 こと しょがん すで
なり。「我が如く等しくして異なること無し、我が昔の所願の如き今は已に満足しぬ。 けつにく
一切衆生を化して皆仏道に入らしむ」と。妙覚の釈尊は我等が血肉なり、因果の功徳は こつずい
骨髄に非ずや。宝塔品に云はく「其れ能く此の経法を譲ること有らん者は、則ちこれ我 もろもろ しょうごん こうじき
及び多宝を供養するなり。乃至亦復 諸 の来たりたまへる化仏の諸の世界を 荘 厳し光飾
したまふ者を供養するなり」等云云。釈迦・多宝・十方の諸仏は我が仏界なり、其の跡 しゅゆ あのくた らさんみゃくさんぼだい くきょう
を継紹して其の功徳を受得す。「須臾も之を聞かば、即ち阿耨多羅三 藐 三菩提を究 竟 う われ このかた
するを得」とは是なり。寿量品に云はく「然るに我実に成仏してより已来、無量無辺百 な ゆ た こう じんでん しょけん む し
千万億那由佗劫なり」等云云。我等が己心の釈尊は五百塵点乃至所顕の三身にして無始 こ ぶつ もと じょう なお またかみ
の古仏なり。経に云はく「我本菩薩の道を行じて 成 ぜし所の寿命、今猶未だ尽きず。復上 かず ばい
の数に倍せり」等云云。我等が己心の菩薩等なり。地涌千界の菩薩は己心の釈尊の眷属 たいこう しゅうこうたん しゅう ぶ せいおう たけのうち お と ど じんぐう
なり。例せば太公・ 周 公旦等は 周 武の臣下、成王幼稚の眷属。 武 内の大臣は神功皇 とうりょう にんとく あんりゅう
后の棟 梁 、仁徳王子の臣下なるが如し。上行・無辺行・浄行・安 立 行等は我等が己心 まさ
の菩薩なり。妙楽大師云はく「当に知るべし身土は一念の三千なり。故に成道の時、此 かな あまね
の本理に称ひて一身一念法界に 遍 し」等云云。
それ じゃくめつどうじょう け ぞう しゃ ら りん みつごん
夫始め 寂 滅道 場 ・華蔵世界より沙羅林に終はるまで五十余年の間、華蔵・密厳・ さんぺん し けん さん ど し ど じょうこう ど へん げ

三変・四見等の三土四土は、皆 成 劫の上の無常の土に変化する所の方便・実報・寂光 じょう る り のうへん い しょへん めつじん
・安養・ 浄 瑠璃・密厳等なり。

/////
能変の教主涅槃に入りぬれば、所変の諸仏随って滅尽 もっ か
す。土も又以て是くの如し。
//////

い すで
今本時の娑婆世界は三災を離れ四劫を出でたる常住の浄土なり。仏既に過去にも滅せ これ
ず未来にも生ぜず、所化以て同体なり。此即ち己心の三千具足、三種の世間なり。迹門
十四品には未だ之を説かず、法華経の内に於ても時機未熟の故か。 なお
此の本門の肝心、南無妙法蓮華経の五字に於ては仏猶文殊薬王等にも之を付属したま いかいわ いげ ただ
はず、何に況んや其の已外をや。但地涌千界を召して八品を説いて之を付属したまふ。 ていたらく くう こ たっちゅう
其の本尊の 為 体、本師の娑婆の上に宝塔空に居し、塔 中 の妙法蓮華経の左右に釈迦牟 きょう じ けんぞく
尼仏・多宝仏、釈尊の 脇 士上行等の四菩薩、文殊・弥勒等は四菩薩の眷属として末座 しゃっ け しょ うんかくげっけい
に居し、 迹 化・他方の大小の諸菩薩は万民の大地に処して雲閣月を見るが如く、十 方の諸仏は大地の上に処したまふ。迹仏迹土を表する故なり。是くの如き本尊は在世五
これ はっぽん
十余年に之無し、八年の間但八品に限る。正像二千年の間は小乗の釈尊は迦葉・阿難を な
脇士と為し、権大乗並びに涅槃・法華経の迹門等の釈尊は文殊・普賢等を以て脇士と為 えが いま ましま
す。此等の仏をば正像に造り画けども未だ寿量の仏 有 さず。末法に来入して始めて此 の仏像出現せしむべきか。
しえ 問ふ、正像二千余年の間は四依の菩薩並びに人師等、余仏、小乗・権大乗・爾前・迹とも
門の釈尊等の寺塔を建立すれども、本門寿量品の本尊並びに四大菩薩をば三国の王臣倶 よしこれ ほぼ みもん じもく きょうどう
に未だ之を崇重せざる由之を申す。此の事粗之を聞くと雖も前代未聞の故に耳目を 驚 動 こ い さい
し心意を迷惑す。請ふ、重ねて之を説け、委細に之を聞かん。 しりぞ
答へて曰く、法華経一部八卷二十八品、進んでは前四味、 退 いては涅槃経等の一代 そう くく ただ
の諸経、総じて之を括るに但一経なり。始め寂滅道場より終はり般若経に至るまでは序
分なり、無量義経・法華経・普賢経の十巻は正宗なり、涅槃経等は流通分なり。 またじょしょう
正宗十巻の中に於て亦序 正 流通有り。無量義経並びに序品は序分なり、方便品より ふんべつ げ いた ししん
分別功徳品の十九行の偈に至るまでの十五品半は正宗分なり、分別功徳品の現在の四信
より普賢経に至るまでの十一品半と一巻は流通分なり。 おのおの ぐ
又法華経等の十巻に於ても二経有り。 各 序正流通を具するなり。無量義経と序品は
序分なり、方便品より人記品に至るまでの八品は正宗分なり、法師品より安楽行品に至 そ きょうしゅ し じょう ほん む こん ぬ
るまでの五品は流通分なり。其の 教 主を論ずれば始 成 正覚の仏、本無今有の百界千如 いこんとう ずいじい なんしんなんげ けちえん たず
を説いて已今当に超過せる随自意・難信難解の正法なり。過去の結縁を尋ぬれば大通十 くだ もっな
六の時仏果の下種を下し、進んでは華厳経等の前四味を以て助縁と為して大通の種子を これ どくほつ えん
覚知せしむ。此は仏の本意に非ず、但毒発等の一分なり。二乗・凡夫等は前四味を縁と ぜんぜん らい し かいけん と これ
して、漸々に法華に来至して種子を顕はし、開顕を遂ぐるの機是なり。又在世に於て始 じゅく だっ
めて八品を聞く人天等、或は一句一偈等を聞いて下種と為し、或は 熟 し或は脱し、或 もっ な い
は普賢・涅槃等に至り、或は正像末等に小権等を以て縁と為して法華に入る。例せば在 世の前四味の者の如し。
又本門十四品の一経に序正流通有り。涌出品の半品を序分と為し、寿量品と前後の二 あら
半と此を正宗と為す、其の余は流通分なり。其の教主を論ずれば始成正覚の釈尊には非 こくどせけんすで ほとん ちくまく
ず。所説の法門も亦天地の如し。十界久遠の上に国土世間既に顕はれ一念三千殆ど竹膜 へだ ことごと ずい た い い しん い げ
を隔つ。又迹門並びに前四味・無量義経・涅槃経等の三説は 悉 く随他意・易信易解、 ほか
本門は三説の外の難信難解・随自意なり。
ない し
又本門に於ても序正流通有り。過去大通仏の法華経より乃至現在の華厳経、乃至迹門 み じん
十四品・涅槃経等の一代五十余年の諸経・十方三世諸仏の微塵の経々は皆寿量の序分な ほか じゃきょう み とくどうきょう ふ そうきょう
り。一品二半よりの外は小乗教・邪 教 ・末得道 教 ・覆相 教 と名づく。其の機を論ず びん ぐ こ ろ きんじゅう なお
れば徳薄垢重・幼稚・貧窮・孤露にして禽 獣 に同ずるなり。爾前・迹門の円教すら尚 いか
仏因に非ず、何に況んや大日経等の諸小乗経をや。何に況んや華厳・真言等の七宗等の あた
論師・人師の宗をや。与へて之を論ずれば前三教を出でず、奪って之を云へば蔵通に同 たと しゅじゅくだつ け だん どう け し じゅう な
ず。設ひ法は甚深と称すとも未だ種 熟 脱を論ぜず、還って灰断に同じ、化の始 終 無し たと ちくしゅ かいにん せんだら おと
とは是なり。譬へば王女たりと雖も畜種を懐妊すれば其の子尚旃陀羅に劣れるが如し。 しばら お
此等は 且 く之を閣く。
いちおう もっ しょう な
迹門十四品の正宗の八品は一往之を見るに、二乗を以て 正 と為し、菩薩・凡夫を以 ぼう さいおう かんが
て傍と為す。再往之を 勘 ふれば、凡夫正像末を以て正と為す。正像末の三時の中にも
-8-

い かん
末法の始めを以て正が中の正と為す。問うて曰く、其の証如何。答へて曰く、法師品に しか なおおんしつ
云はく「而も此の経は如来の現在すら猶怨嫉多し、況んや滅度の後をや」と。宝塔品に く じゅう け ぶつまさ
云はく「法をして久 住 せしむ。乃至来たれる所の化仏当に此の意を知るべし」等と。 これ か
勧持・安楽等之を見るべし。迹門すら是くの如し。
な いわゆる
本門を以て之を論ずれば、一向に末法の初めを以て正機と為す。所謂一往之を見る時 く しゅ じゅく とうみょう
は久種を以て下種と為し、大通・前四味・迹門を 熟 と為して、本門に至って等 妙 に登 に とも
らしむ。再往之を見れば迹門には似ず、本門は序正流通倶に末法の始めを以て詮と為す。 ただ
在世の本門と末法の初めは一同に純円なり。但し彼は脱、此は種なり。彼は一品二半、 此は但題目の五字なり。
ゆ じゅっぽん そ
問うて曰く、其の証文如何。答へて云はく、涌 出 品に云はく「爾の時に他方の国土 もろもろ まかさつ はちごうがしゃ
の 諸 の来たれる菩薩摩訶薩の八恒河沙の数に過ぎたる大衆の中に於て起立し合掌し礼 な もうもう も ごんか
を作して仏に白して言さく、世尊若し我等に、仏の滅後に於て娑婆世界に在って、勤加 しょうじん どくじゅ ゆる まさ
精 進して是の経典を護持し読誦し書写し供養せんことを聴したまはゞ、当に此の土に そつや
於て広く之を説きたてまつるべし。爾の時に仏、諸の菩薩摩訶薩衆に告げたまはく、止 なんだち もち いげ
みね善男子、汝等が此の経を護持せんことを須ひじ」等云云。法師より已下の五品の経 だいおんじょう あまね つ
文、前後水火なり。宝塔品の末に云はく「大音 声 を以て 普 く四衆に告げたまはく、誰 よ
か能く此の娑婆国土に於て広く妙法華経を説かんものなる」等云云。設ひ教主一仏たり しょうかん
と雖も之を 奨 勧したまはゞ、薬王等の大菩薩・梵帝・日月・四天等は之を重んずべき きゃくぶつ かんぎょう おんごん
処に、多宝仏・十方の諸仏、 客 仏と為って之を諫 暁 したまふ。諸の菩薩等は此の慇懃 ひとえ ぶっち かな しか
の付嘱を聞いて「我不愛身命」の誓言を立つ。此等は 偏 に仏意に叶はんが為なり。而 しゅ ゆ か はちごうじゃ これきわ
るに須臾の間に仏語相違して、過八恒沙の此の土の弘経を制止したまふ。進退惟谷まり ぼん ち え しょせんしゃっ け
凡智及ばず。天台智者大師、前三後三の六釈を作りて之を会したまへり。所詮 迹 化・ た ほう
他方の大菩薩等に我が内証の寿量品を以て授与すべからず。末法の初めは謗法の国にし とど じ ゆ せんがい め
て悪機なる故に之を止めて、地涌千界の大菩薩を召して寿量品の肝心たる妙法蓮華経の えん ぶ あら
五字を以て閻浮の衆生に授与せしめたまふ。又迹化の大衆は釈尊の初発心の弟子等に非 まさ
ざるが故なり。天台大師の云はく「是我が弟子なり応に我が法を弘むべし」と。妙楽の こ やく ふ しょう き これ
云はく「子、父の法を弘む世界の益有り」と。輔 正 記に云はく「法是久成の法なるを にん
以ての故に久成の人に付す」等云云。
ぎしょう ずいぎ しょすい みこと
又弥勒菩薩疑 請 して云はく、経に云はく「我等は復仏の随宜の所説、仏所出の 言 、 かつ こ もう しょ ち ことごと つうだつ しか
未だ曾て虚妄ならず、仏の所知は皆 悉 く通達したまへりと信ずと雖も、然も諸の新発 も みこと
意の菩薩、仏の滅後に於て若し是の 語 を聞かば、或は信受せずして、法を破する罪業 ただしか ため げ せつ のぞ
の因縁を起こさん。唯然なり世尊、願はくは為に解説して、我等が疑ひを除きたまへ。 み らい せ お また
及び未来世の諸の善男子此の事を聞き已はりなば、亦疑ひを生ぜじ」等云云。文の意は しょう
寿量の法門は滅後の為に之を 請 ずるなり。 寿量品に云はく「或は本心を失へる、或は失はざる者あり。乃至心を失はざる者は、
-9-

ろうやく しきこうとも よ すなわち ことごと のぞ い 此の良薬の色香倶に好きを見て、即便之を服するに病 尽 く除こり癒えぬ」等云云。久
遠下種・大通結縁、乃至前四味・迹門等の一切の菩薩・二乗・人天等の本門に於て得道 また もんじん
する是なり。経に云はく「余の心を失へる者は、其の父の来たれるを見て、亦歓喜し、問訊 じ しか しかあ ゆえん
して病を治せんことを求むと雖も、然も其の薬を与ふるに、而も肯へて服せず。所以は いかんどっけ い よ うま おも
何 。毒気深く入って、本心を失へるが故に、此の好き色香ある薬に於て、美からずと謂 われ まさ もう とど
へり。乃至我今当に方便を設けて、此の薬を服せしむべし。乃至是の好き良薬を今留め お いうれなか なおまた
て此に在く、汝取って服すべし。差えじと憂ふること勿れと。是の教へを作し已はって復 つか
他国に至り、使ひを遣はして還って告ぐ」等云云。分別功徳品に云はく「悪世末法の時」 しえ
等云云。問うて曰く、此の経文の「遣使還告」は如何。答へて曰く、四依なり。四依に しゅつげん
四類有り。小乗の四依は多分は正法の前の五百年に 出 現す。大乗の四依は多分は正法 の後の五百年に出現す。三に迹門の四依は多分は像法一千年、少分は末法の初めなり。 四に本門の四依は地涌千界、末法の始めに必ず出現すべし。今の「遣使還告」は地涌な
みょうたいしゅうゆうきょう これ ろうやく
り。「是好良薬」とは寿量品の肝要たる 名 体 宗 用 教 の南無妙法蓮華経是なり。此の良薬 なお
をば仏猶迹化に授与したまはず。何に況んや他方をや。 ま か さつ
神力品に云はく「爾の時に千世界微塵等の菩薩摩訶薩、地より涌出せる者、皆仏前に そんげん せんごう もう もう
於て一心に合掌し、尊顔を瞻仰して仏に白して言さく、世尊、我等仏の滅後、世尊 ふんじんしょざい まさ ただ げ ほう
分身所在の国土、滅度の処に於て、当に広く此を説くべし」等云云。天台の云はく「但下方 ほっせい どうせん ただ
の発誓のみを見たり」等云云。道暹の云はく「付嘱とは此の経をば唯下方涌出の菩薩に なに しか これ よ にん それ
付す。何が故に爾る、法是久成の法なるに由るが故に久成の人に付す」等云云。夫文殊 こんじき む りょうじゅぶつ
師利菩薩は東方金色世界の不動仏の弟子、観音は西方無 量 寿仏の弟子、薬王菩薩は日 じょうみょうとくぶつ ほう い ぎょう け たす ため
月 浄 明 徳仏の弟子、普賢菩薩は宝威仏の弟子なり。一往釈尊の 行 化を扶けんが為に らいにゅう あら ぐほう た
娑婆世界に来 入 す。又爾前迹門の菩薩なり、本法所持の人に非ざれば末法の弘法に足 だいじんりき げん こう
らざる者か。経に云はく「爾の時に世尊乃至一切の衆の前に大神力を現じたまふ。広 ちょうぜつ い かみぼん せ もろもろ ほうじゅ げ し し ざ じょう
長 舌を出だして上梵世に至らしめ、乃至十方世界 衆 の宝樹下の師子座 上 の諸仏も またまた か それ
亦復是くの如く広長舌を出だしたまふ」等云云。夫、顕密二道・一切の大小乗経の中に、 ざ ぜっそうぼんてん これ おお う みょう む じつ
釈迦諸仏並び坐し舌相梵天に至る文之無し。阿弥陀経の広長舌相三千を覆ふは有 名 無実 ひかり しょうみょう これみな
なり。般若経の舌相三千 光 を放ち般若を説きしも全く 証 明 に非ず。此皆兼帯の故に ふ そう ぞくるい
久遠を覆相する故なり。是くの如き十神力を現じて地涌の菩薩に妙法の五字を嘱累して そか
云はく、経に云はく「爾の時に仏、上行等の菩薩大衆に告げたまはく、諸仏の神力は是 こ あ そう ぎ こう
くの如く無量無辺不可思議なり。若し我、是の神力を以て無量無辺百千万億阿僧劫に なお つ あた
於て、嘱累の為の故に、此の経の功徳を説かんに猶尽くすこと能はじ。要を以て之を言 しょう じざい ひよう ぞう
はゞ、如来の一切の所有の法、如来の一切の自在の神力、如来の一切の秘要の蔵、如来 じんじん せん じ けんぜつ
の一切の甚深の事、皆此の経に於て宣示顕説す」等云云。天台の云はく「爾時仏告上行 より下は第三結要付属なり」云云。伝教の云はく「又神力品に云はく、以要言之、如来
- 10 -

か ぶん 一切所有之法、乃至宣示顕説経文。明らかに知んぬ、果分の一切の所有の法、果分の一切
の自在の神力、果分の一切の秘要の蔵、果分の一切の甚深の事、皆法華に於て宣示顕説
するなり」等云云。此の十神力は妙法蓮華経の五字を以て、上行・安立行・浄行・無辺
行等の四大菩薩に授与したまふなり。前の五神力は在世の為、後の五神力は滅後の為な しか つぎしも
り。爾りと雖も再往之を論ずれば一向に滅後の為なり。故に次下の文に云はく「仏滅度 よこ たも
の後に能く是の経を持たんを以ての故に、諸仏皆歓喜して無量の神力を現じたまふ」等 そた
云云。次下の嘱累品に云はく「爾の時に釈迦牟尼仏、法座より起って大神力を現じたま みて もっ いただき な いま なんだち
ふ。右の手を以て無量の菩薩摩訶薩の 頂 を摩で乃至今以て汝等に付嘱す」等云云。地 はじめ な ぞくるい
涌の菩薩を以て頭と為して、迹化・他方乃至梵・釈・四天等に此の経を嘱累したまふ。 き もろもろふんじん かえもと
「十方より来たれる 諸 の分身の仏、各本土に還りたまふ。乃至多宝仏の塔還って故の さ おわ
如くしたまふべし」等云云。薬王品已下乃至涅槃経等は、地涌の菩薩去り了って、迹化 ため かさ くんじゅう い ぞく
の衆・他方の菩薩等の為に重ねて之を付嘱したまふ。捃 拾 遺嘱是なり。 疑って云はく、正像二千年の間に地涌千界閻浮提に出現して此の経を流通するや。答
しか なま
へて曰く、爾らず。驚いて云はく、法華経並びに本門は仏の滅後を以て本と為して先づ の
地涌千界に之を授与す、何ぞ正像に出現して此の経を弘通せざるや。答へて云はく、宣 い かん
べず。重ねて問うて云はく、如何。答ふ、之を宣べず。又重ねて問ふ、如何。答へて曰 い おんのうぶつ ほぼ
く、之を宣ぶれば一切世間の諸人、威音王仏の末法の如く、又我が弟子の中にも粗之を ひぼう もくし けんどん だ
説かば皆誹謗を為すべし、黙止せんのみ。求めて云はく、説かずんば汝慳貪に堕せん。 これきわ これ
答へて曰く、進退惟谷まれり。試みに粗之を説かん。法師品に云はく「況んや滅度の後 とど ここ お
をや」と。寿量品に云はく「今留めて此に在く」と。分別功徳品に云はく「悪世末法の たと
時」と。薬王品に云はく「後五百歳閻浮提に於て広宣流布せん」と。涅槃経に云はく「譬 しちし あら しか すなわ ひとえ
へば七子あり。父母平等ならざるに非ざれども、然も病者に於て心 則 ち 偏 に重きが如 い ぜん ぶっ ち すい ち りょうぜん ため
し」等云云。已前の明鏡を以て仏意を推知するに、仏の出世は 霊 山八年の諸人の為に非 ごと
ず、正像末の人の為なり。又正像二千年の人の為に非ず、末法の始め予が如き者の為な ひ ぼう よ
り。「然於病者」と云ふは、滅後法華経誹謗の者を指すなり。「今留在此」とは「此の好 いろか あじ うま い
き色香ある味に於て美からずと謂ふ」の者を指すなり。 い
地涌千界正像に出でざるは、正法一千年の間は小乗・権大乗なり、機時共に之無し。 これ だっ ぼうおお じゅくやく
四依の大士小権を以て縁と為して在世の下種之を脱せしむ。謗多くして 熟 益を破るべ
き故に之を説かず、例せば在世の前四味の機根の如し。像法の中末に観音・薬王、南岳 じ げん おもて うら
・天台等と示現し出現して、迹門を以て 面 と為し本門を以て裏と為して、百界千如、 り ぐ じ ぎょう
一念三千其の義を尽くせり。但理具を論じて事 行 の南無妙法蓮華経の五字並びに本門 しょせんえん き えん じ
の本尊、未だ広く之を行ぜず。所詮円機有って円時無き故なり。
しっ てん ち てんどう
今末法の初め、小を以て大を打ち権を以て実を破し、東西共に之を失し天地顚倒せり。 かく げんぜん そ す
迹化の四依は隠れて現前せず、諸天其の国を棄て之を守護せず。此の時地涌の菩薩始め
已上
- 11 -

ただ ようち よ
て世に出現し、但妙法蓮華経の五字を以て幼稚に服せしむ。「謗に因って悪に堕つは、 う おも しょほっしん
必ず因って益を得」とは是なり。我が弟子之を惟へ、地涌千界は教主釈尊の初発心の弟 そうりん とぶら とがこれ
子なり。寂滅道場にも来たらず双林最後にも 訪 はず、不孝の失之有り。迹門の十四品 らいげん こう き
にも来たらず本門の六品には座を立ち、但八品の間に来還せり。是くの如き高貴の大菩 まさ
薩、三仏に約束して之を受持す。末法の初めに出でたまはざるべきか。当に知るべし、 けんのう な ぐ おう かいしゃく しょうじゅ
此の四菩薩、折伏を現ずる時は賢王と成って愚王を誡 責 し、 摂 受を行ずる時は僧と成 ぐじ
って正法を弘持す。
き もん い かん
問うて曰く、仏の記文は云何。答へて曰く「後五百歳閻浮提に於て広宣流布せん」と。 うるお
天台大師記して云はく「後五百歳遠く妙道に 沾 はん」と。妙楽記して云はく「末法の みょうり ややお はなは
初め 冥 利無きにあらず」と。伝教大師云はく「正像稍過ぎ已はって末法 太 だ近きに有 しょう じ
り」等云云。「末法太だ近きに有り」の釈は、我が時は 正 時に非ずと云ふ意なり。伝教 よ
大師日本にして末法の始めを記して云はく「代を語れば像の終はり末の初め、地を尋ぬ かつ ひと たず ご じょく しょう とうじょう
れば唐の東・羯の西、人を原ぬれば則ち五 濁 の 生 ・闘 諍 の時なり。経に云はく、猶 ことばまこと ゆえ
多怨嫉況滅度後と。此の 言 良 に以有るなり」と。此の釈に「闘諍の時」云云、今の自 ほんぎゃく しんぴつ な
界叛逆・西海侵逼の二難を指すなり。此の時地涌千界出現して、本門の釈尊を脇士と為 がっし しんだん いま ましま
す一閻浮提第一の本尊、此の国に立つべし。月支・震旦に末だ此の本尊 有 さず。日本 じょうぐう
国の 上 宮、四天王寺を建立すれども末だ時来たらざれば、阿弥陀・他方を以て本尊と
為す。聖武天皇、東大寺を建立す、華厳経の教主なり、未だ法華経の実義を顕はさず。 ほぼ けん じ しか いえど が おう
伝教大師粗法華経の実義を顕示す。然りと 雖 も時未だ来たらざるの故に、東方の鵞王
を建立して本門の四菩薩を顕はさず。所詮地涌千界の為に此を譲り与へたまふ故なり。 ぶっちょく こうむ あ
此の菩薩仏 勅 を 蒙 りて近く大地の下に在り。正像に未だ出現せず、末法にも又出で来 だいもう ご またほうまつ
たりたまはずば大妄語の大士なり。三仏の未来記も亦泡沫に同じ。此を以て之を惟ふに、 すいせい こん じ ちょう
正像に無き大地震・大彗星等出来す。此等は金翅 鳥 ・修羅・竜神等の動変に非ず、偏 せんちょう たけ
に四大菩薩を出現せしむべき先 兆 なるか。天台の云はく「雨の猛きを見て竜の大なる じゃ
を知り、花の盛んなるを見て池の深きを知る」等云云。妙楽の云はく「智人は起を知り蛇 しう
は自ら蛇を識る」等云云。天晴れぬれば地明らかなり、法華を識る者は世法を得べきか。 たま つつ くび
一念三千を識らざる者には仏大慈悲を起こし、五字の内に此の珠を裹み、末代幼稚の頸 か たいこう しゅうこう ぶんおう
に懸けさしめたまふ。四大菩薩の此の人を守護したまはんこと、太公・ 周 公の文王を しょうぶ しこうけいていじぶ こと
摂 扶し、四晧が恵帝に侍奉せしに異ならざる者なり。
太歳 文永十年癸酉卯月二十五日
日 蓮 之を註す
‘Do you really know what you know you know?’
Daevid Allen-Gong
User avatar
Queequeg
Global Moderator
Posts: 11028
Joined: Tue Jul 03, 2012 3:24 pm

Re: 6 senior priests / why?

Post by Queequeg »

Y'all insist on following a rabbit hole 7 and a half centuries long...

Get some familiarity:

https://pounceatron.dreamhosters.com/ni ... nsBio.html
https://pounceatron.dreamhosters.com/ni ... es_01.html
https://pounceatron.dreamhosters.com/ni ... es_02.html
https://pounceatron.dreamhosters.com/ni ... es_03.html
https://pounceatron.dreamhosters.com/ni ... es_04.html
https://pounceatron.dreamhosters.com/ni ... es_05.html
https://pounceatron.dreamhosters.com/ni ... es_06.html

And there's a whole mass of stuff here: https://pounceatron.dreamhosters.com/ni ... index.html

(shout out to Narwhal who rescued this stuff from the WWW trashbin)

http://www.geocities.ws/chris_holte/Bud ... index.html

It occurs to me its been a generation since these debates raged in Nichiren corners of the internet. I suppose its appropriate to dig up what's already been covered so that you young folks can get your head twisted up in the intrigue.

Just keep in mind, this is medieval history. Remember that they didn't have indoor plumbing, even, let alone the creature comforts you're used to. Ask yourself if its worth fighting fights of people who have been dead since the time when knights were running around trying to take Jerusalem.
Those who, even with distracted minds,
Entered a stupa compound
And chanted but once, “Namo Buddhaya!”
Have certainly attained the path of the buddhas.

-Lotus Sutra, Expedient Means Chapter

There are beings with little dust in their eyes who are falling away because they do not hear the Dhamma. There will be those who will understand the Dhamma.
-Ayacana Sutta
User avatar
Queequeg
Global Moderator
Posts: 11028
Joined: Tue Jul 03, 2012 3:24 pm

Re: 6 senior priests / why?

Post by Queequeg »

Shoho wrote: Thu Sep 10, 2020 6:14 pm Have him/her translate this for you:
Merely translating doesn't establish competence.
Those who, even with distracted minds,
Entered a stupa compound
And chanted but once, “Namo Buddhaya!”
Have certainly attained the path of the buddhas.

-Lotus Sutra, Expedient Means Chapter

There are beings with little dust in their eyes who are falling away because they do not hear the Dhamma. There will be those who will understand the Dhamma.
-Ayacana Sutta
User avatar
_johnarundel_
Posts: 156
Joined: Wed May 27, 2020 8:00 pm

Re: 6 senior priests / why?

Post by _johnarundel_ »

Queequeg wrote: Thu Sep 10, 2020 6:18 pm Ask yourself if its worth fighting fights of people who have been dead since the time when knights were running around trying to take Jerusalem.
I don't think we should fight. I think we can lay out and discuss what we think the true and correct teaching is and avoid arguments and fights.

The spirit of the Rissho Ankoku Ron is to establish the truth for the peace and security of the land. In order to follow in the Daishonin's footsteps it is important to uphold the correct law and try to propagate it. But it should not become just an argument based on judgement or a mean spirited debate.
"The five characters of Myoho-Renge-Kyo are the core of the Lotus Sutra and the origin of all Buddhas throughout the entire world. Upon seeing the signs that these five characters now must be propagated, I, Nichiren, have set the precedent, today, at the beginning of the Latter Day of the Law."

- Nichiren Daishonin, “Shuju onfurumai-gosho” 種種御振舞御書


https://www.nichirenshoshu.or.jp/eng/daishonin.html
User avatar
Queequeg
Global Moderator
Posts: 11028
Joined: Tue Jul 03, 2012 3:24 pm

Re: 6 senior priests / why?

Post by Queequeg »

_johnarundel_ wrote: Thu Sep 10, 2020 6:26 pm
Queequeg wrote: Thu Sep 10, 2020 6:18 pm Ask yourself if its worth fighting fights of people who have been dead since the time when knights were running around trying to take Jerusalem.
I don't think we should fight. I think we can lay out and discuss what we think the true and correct teaching is and avoid arguments and fights.

The spirit of the Rissho Ankoku Ron is to establish the truth for the peace and security of the land. In order to follow in the Daishonin's footsteps it is important to uphold the correct law and try to propagate it. But it should not become just an argument based on judgement or a mean spirited debate.
Good luck!
Those who, even with distracted minds,
Entered a stupa compound
And chanted but once, “Namo Buddhaya!”
Have certainly attained the path of the buddhas.

-Lotus Sutra, Expedient Means Chapter

There are beings with little dust in their eyes who are falling away because they do not hear the Dhamma. There will be those who will understand the Dhamma.
-Ayacana Sutta
Shoho
Posts: 44
Joined: Thu Aug 06, 2020 2:06 am

Re: 6 senior priests / why?

Post by Shoho »

Queequeg wrote: Thu Sep 10, 2020 6:20 pm
Shoho wrote: Thu Sep 10, 2020 6:14 pm Have him/her translate this for you:
Merely translating doesn't establish competence.
That may or may not be true.
What it does is show what was written. That is a starting point for a discussion.

To call it following a rabbit hole shows a lack of compassion and a lack of seeking the truth.
You seem to think indicate that wanting to find the truth is some sort of worthless endeavor.
Gassho
‘Do you really know what you know you know?’
Daevid Allen-Gong
User avatar
Minobu
Posts: 3229
Joined: Mon Aug 15, 2016 6:57 pm

Re: 6 senior priests / why?

Post by Minobu »

Shoho wrote: Thu Sep 10, 2020 6:14 pm

Kanjin Honzon Sho
如来滅後五五百歳始観心本尊抄 文永一〇年四月二五日 五二歳 本朝沙門 日蓮撰
ま か し かん
well this is real fun on an iphone.
you have been on about this translation stuff , since you landed here...and most here can't read the original.

so ya you prove you can copy paste , totally annoying by the way, but can you give us the translation .

we have been waiting, it's not enough to say everyone else doesn't know how to translate properly including Nichiren ShoShu , except you.

and make sure you give a disclaimer that it is your translation from your head with no actual approval of Nichiren shoshu or Nichiren shu.

if you say you are working on it or any other excuse , you should apologize to everyone for doing this sort of thing.

with no actual translation given after all this talk of you know better...you just end up looking like a troll, or worst , someone with (you fill in the blank)
User avatar
Shotenzenjin
Posts: 245
Joined: Tue Jun 16, 2020 11:23 pm

Re: 6 senior priests / why?

Post by Shotenzenjin »

Seems it's a good idea to have a Thread of its own for the translation topic
Generation's shall pass, our determination shall grow, at the foot of Mount Fuji
Like smoke that reaches far beyond the clouds.--nichimoku shonin. Third high priest of Nichiren Shoshu

Hokekko of true Buddhism https://nstny.org

Introduction to Nichiren Shoshu Buddhism
https://www.google.com/url?sa=t&source= ... VKyEQ_cxK9
User avatar
Queequeg
Global Moderator
Posts: 11028
Joined: Tue Jul 03, 2012 3:24 pm

Re: 6 senior priests / why?

Post by Queequeg »

Shoho wrote: Thu Sep 10, 2020 7:37 pm
Queequeg wrote: Thu Sep 10, 2020 6:20 pm
Shoho wrote: Thu Sep 10, 2020 6:14 pm Have him/her translate this for you:
Merely translating doesn't establish competence.
That may or may not be true.
What it does is show what was written. That is a starting point for a discussion.

To call it following a rabbit hole shows a lack of compassion and a lack of seeking the truth.
You seem to think indicate that wanting to find the truth is some sort of worthless endeavor.
Gassho
LOL. I can put that through Google translate, and I can tell you right now, its not a competent translation. A fellow named Martin Bradley did some translations... competence I suppose is in the eye of the beholder.

Some things are just so silly, the truth about them is of no value. Is Kim and Kanye's marriage on the rocks? I'm sure there is a truth to be discovered. But who cares? I'm sure someone does.

I spent a lot of time in the rabbit hole. The rabbit hole comes down to this - spoiler alert - do you accept a couple documents of dubious authenticity or do you not? Most people make that judgment based on their team loyalties. The truth of the team.
Those who, even with distracted minds,
Entered a stupa compound
And chanted but once, “Namo Buddhaya!”
Have certainly attained the path of the buddhas.

-Lotus Sutra, Expedient Means Chapter

There are beings with little dust in their eyes who are falling away because they do not hear the Dhamma. There will be those who will understand the Dhamma.
-Ayacana Sutta
User avatar
Queequeg
Global Moderator
Posts: 11028
Joined: Tue Jul 03, 2012 3:24 pm

Re: 6 senior priests / why?

Post by Queequeg »

Queequeg wrote: Thu Sep 10, 2020 8:43 pm I spent a lot of time in the rabbit hole.
I left out the most important part about this - IME, the time spent in the rabbit hole brought me no closer to understanding anything other than these arguments that really just boil down to claims of lineage. It looks like all the other tales temples have about their founding, always trying to make themselves more significant.

None of it made me a better person or brought any insight into reality. Talk about counting another's wealth. No pun intended.
Those who, even with distracted minds,
Entered a stupa compound
And chanted but once, “Namo Buddhaya!”
Have certainly attained the path of the buddhas.

-Lotus Sutra, Expedient Means Chapter

There are beings with little dust in their eyes who are falling away because they do not hear the Dhamma. There will be those who will understand the Dhamma.
-Ayacana Sutta
narhwal90
Posts: 1050
Joined: Mon Jan 25, 2016 3:10 am

Re: 6 senior priests / why?

Post by narhwal90 »

I'm with Q on this- instead of re-hashing other people's dead words and re-fighting the centuries old battles of who said what who is right and who is wrong, put your money where your mouth is, get real and buy the Nichiren Mandala Study Workshop books- read up on all the lineages, all the gohonzons. See for yourself how complicated and subtle and ambiguous the history actually is.
User avatar
Shotenzenjin
Posts: 245
Joined: Tue Jun 16, 2020 11:23 pm

Re: 6 senior priests / why?

Post by Shotenzenjin »

narhwal90 wrote: Thu Sep 10, 2020 9:08 pm I'm with Q on this- instead of re-hashing other people's dead words and re-fighting the centuries old battles of who said what who is right and who is wrong, put your money where your mouth is, get real and buy the Nichiren Mandala Study Workshop books- read up on all the lineages, all the gohonzons. See for yourself how complicated and subtle and ambiguous the history actually is.
I don't think anyone is disagreeing with that though.

I guess like all religions it comes down to trust.

Right. we do not have anything in the Buddha taught in his own hand. But I trust the priesthood and what they say.

If I was a tebetan Buddhist I would trust the guru knowing we have nothing at all in the Buddha's own hands but if I was a tebetan Buddhist ill trust my guru.

It doesn't make much sense for a non tebetan Buddhist to go into the tebetan forums and tell them how they all are full of it and since we don't have anything in Buddha's hands they're just following Santa clause or what ever words r tossed at Nichiren shoshu believers.

I understand why non Nichiren shoshu believers have their issues. So be it. It's mappo after all

Constantly bringing up those issues doesn't much serve anything in the end but the rabbit hole itself
Generation's shall pass, our determination shall grow, at the foot of Mount Fuji
Like smoke that reaches far beyond the clouds.--nichimoku shonin. Third high priest of Nichiren Shoshu

Hokekko of true Buddhism https://nstny.org

Introduction to Nichiren Shoshu Buddhism
https://www.google.com/url?sa=t&source= ... VKyEQ_cxK9
User avatar
_johnarundel_
Posts: 156
Joined: Wed May 27, 2020 8:00 pm

Re: 6 senior priests / why?

Post by _johnarundel_ »

I don't think there are only two options. I think we can all have a civilized discussion about the teachings.

I understand where QQ is coming from. I have seen pointless debates on ARBN and google groups where both Nichiren Shu, Nichiren Shoshu, SGI, and everyone is just completely angry and just making personal attacks.

But just because people have restored to tribalism in the past does not mean we can't talk about or even debate these topics.

As shotenzenjin pointed out, this is Mappo, the defiled age, filled with the five impurities, so it is natural that these issues are complicated. But that does not mean we can't discuss them.
"The five characters of Myoho-Renge-Kyo are the core of the Lotus Sutra and the origin of all Buddhas throughout the entire world. Upon seeing the signs that these five characters now must be propagated, I, Nichiren, have set the precedent, today, at the beginning of the Latter Day of the Law."

- Nichiren Daishonin, “Shuju onfurumai-gosho” 種種御振舞御書


https://www.nichirenshoshu.or.jp/eng/daishonin.html
tkp67
Posts: 2068
Joined: Sun May 12, 2019 5:42 am

Re: 6 senior priests / why?

Post by tkp67 »

Shoho wrote: Thu Sep 10, 2020 9:57 am
tkp67 wrote: Wed Sep 09, 2020 7:55 pm
Shoho wrote: Tue Sep 08, 2020 11:54 pm This post is not directed at anyone in particular.
I wasn’t referring to the Soka Gakkai in particular. I was referring to the numerous incorrect English translations available.
Seems that as Minobu stated this place is becoming a battleground. This is the reason scholars and priests wont post in these places. The armchair buddhist gallery, unable to understand the foreign religion they are trying to practice want to argue about things they are not qualified to comment on.
So iiu wake de hon’na sayonara.
正法
The ultimate law of life is foreign to no one.

If you cannot point out succinctly how these incorrect translations unfold in the mind of those reading them you do not truly understand the inequity. If you are unable to directly see the cause and effect of inequity in these translations then how are you sure it exists? Even then is it a constant?

The teachings make it clear this is not the case. So does the reality of how these teachings where expressed in Shakyamuni's and Nichiren's lives to now. The end to end function speaks betrays logic of your proposition.
Shoho wrote: Wed Sep 09, 2020 9:48 amEver quit your job on the spot?


What you might want to do is figure out that you and your teacher are blinded by prejudice and burdened by incompetence.
You might want to get the Nichiren Shu English gosho translations.
They are much closer to the actual writings.
Gassho
正法
You are making slanderous accusations so please post the discrepancies and how they are perverted in the mind of western practitioners one and all.

If you don't understand these things then your claims are based on unfounded fears.

Do the Shu version of the writings venerate fear? I don't imagine they do but I am open for the reference if you want to make it.
I have no idea what you are rambling on about. You writing is almost incomprehensible to me.

Main points-
In the Kanjin Honzon Sho Nichiren states-
-When the Buddha in India enters extinction, so do all the other Buddhas and their lands.
-Shakyamuni in India preached the theoretical teaching
-the Buddha that preached the honmon teachings *is not* the Buddha that first attained enlightenment in India.
-Shakyamuni and Taho are side attendants of the eternal Buddha
- this is the eternal pure land, impervious to the four stagesof decline.

See if you can get this meaning from reading the Gakkai translation.
You tell me.

https://www.nichirenlibrary.org/en/wnd-1/Content/39

The Object of Devotion for Observing the Mind Established in the Fifth Five-Hundred-Year Period after the Thus Come One’s Passing
User avatar
Minobu
Posts: 3229
Joined: Mon Aug 15, 2016 6:57 pm

Re: 6 senior priests / why?

Post by Minobu »

The thing is this.
there is a huge difference when you believe Nichiren Shonin is like the Eternal Buddha and MyoHo RenGe Kyo is due to Him , cause He is the Buddha of Kuon Ganjo.
And
The Eternal Buddha is none other than MyoHo RenGe Kyo .

you cannot sit in front of Gohonzon and chant and have the same effect. Two different paradigms , not forgetting the narratives.

The subtleties creep in , one of them goes against the truth.
Locked

Return to “Nichiren”